おなじといっしょ

「あんまりがんばらずに、くらしをワンランクUPさせたい」自己流ママの研究レポート

丁寧にくらしたい、たまには楽したい。いいもの買いたい、節約したい。
矛盾の波を航海するディスカバリーブログ。船長は2児の母ことわたし。
自分の身の丈にあった“満足”を求めて。

魔の2歳児さんも、いらっしゃい! お寿司のテーマパーク「くら寿司」のこと

20160404051411

子どもが生まれると、とたんに難易度の高くなる外食。

ぐずる前に注文の品が出てくるか、それとも出てくる前にわが子がぐずるか。
シェフとわたしのタイムアタック…!そんなスリリングなバトル展開が当たり前。

試合終了を知らせる“泣き声”というゴングは、無慈悲にもすべてを無にする。
それは、もはや自然の猛威に近く、あらがうことなど不可。

追加のビールは泣く泣くキャンセル、お皿に残ったお料理を一気にかきこみ、
さっさと退店するのみ ──。

 

外食しても全然リフレッシュできない...というママの嘆きが、
今日もどこからか聞こえてきます。

そんな中、ちゃんと息抜き、ちゃんとごちそうを楽しむことができる、
そんなユートピアが身近にあることをご存知ですか?

そう、お寿司のテーマパーク「くら寿司」です。

お寿司にまつわるアトラクションの数々で、
ファミリーの息抜きを守ってくれる「くら寿司」。
わが家のエピソードを添えて、 tomoni(ともに)に寄稿しました。

続きはこちらからどうぞ!

※ちなみにこの記事書いてる間に、くら寿司に無性に行きたくなる禁断症状が起こり、
3回駆け込んでいます。

tomoni.epark.jp