読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おなじといっしょ

育児にまつわる、おもしろかったこと。もやもやしたこと。自営業のフリーランスwebデザイナーが、“丁寧なくらし”をしたくて、もがいたりする話です。

育児にまつわる、おもしろかったこと。もやもやしたこと。
自営業のフリーランスwebデザイナーが“丁寧なくらし”をしたくて、もがいたりする話です。

掃除がおっくうなママにこそおすすめ!2000円で始める”ほうき”生活

わたしは掃除がきらいです。

1週間〜10日ほど放置することもザラだし、
まだあと1日くらいいけるんじゃ?などと思いながらちゃぶ台をどかすと、
子どものたべこぼしが天然のフリーズドライになって出てきたりします。

 

f:id:mojamojayoriko:20160727161234j:plain

とはいえ、汚部屋好きなわけではなく、
たとえイヤイヤでも掃除したあとはやっぱりすっきりして気持ちがいいし、
できるならいつでも綺麗な部屋で暮らしたい、そう思っています。

 

そんな掃除ギライな私がとある騒動をきっかけに、
近所のホームセンターで2000円ほどの”ほうき”を購入。
そしたら別人のようにキレイ好きになった、今回はそんなお話。

”ほうき”と聞くと「意識高い系の高尚なくらしをしよう!」という結論を予想して
身構えてしまうと思うのですが、大丈夫。

私みたいなズボラな人や時間が取れない人。君に特に届け!と思っています。

 

掃除機vsほうき

──さて、そろそろ掃除するかな。

掃除機の場合、そう思った瞬間から床のゴミを掃除し終えるまでに、
かなりの工程をふんでいることに皆さんはお気付きでしょうか?

よいしょっと掃除機を出してくる、コードを引き出す(なんなら延長コードも用意)、コンセントに刺す、スイッチON、障害物をどける間はスイッチOFF、押して引いて押して引いてアンド騒音、届かなくなってきたら本体をぐいっと引き寄せてand so on…。

ほら、オカンなのに韻まで踏めちゃうくらい工程が多い。
そして、掃除機を片付ける時は、再びこの逆をしなくてはなりません。

 

対する”ほうき”はどうでしょう、サッサッサッで完了です。

雑な説明だな、とお思いな方に、もう少し丁寧に説明しますと、
最初から順に「サッ(取り出す)・サッ(はく)・サッ(捨てる)・サッ(しまう)」です。ほら、わたしうそつかない。

◆◆◆

最近思うのですが、掃除機ってときどきサボリよるんですよね。

何往復もかけたはずの場所にゴミが落ちていて、
掃除機クン、きみはゴミをなでていただけか?という時が何度もあります。

掃除機をとりまわす動作も音も仰々しく大げさなので
(これだけ派手に動いてるんだから、きっと働いてくれてるだろう)と
過度に期待してしまいがっかりします。

映画や小説などに出てくる、
キエーーーィ!!!と奇声を発して巨大な数珠や白い紙がついた棒を
バッサバッサふり回す祈祷師ほど、あまり効き目がなさそうなフラグ…、あんな感じ。

そうそう、
掃除機の所作はいわゆるパフォーマンス (人目を引くためにする行為) のように
感じてしまうのです。

 

”ほうき”はその点エレガントです。静かで軽い。

はく時の「シャッシャッシャ」という音は、
騒音というよりも気持ちが洗われるような爽やかな音色。
早朝こそ積極的に出していきたいくらい。

そしておどろくべきその集塵力。

掃除機をかけたあとなのに、
クイックルワイパーをかけたところなのに、
すごい量のゴミを目の前にし「今朝剃ったばかりなのになぁ」と
おなじみのひげそりCMを思わず再現してしまうほど。

織物ラグ、畳、タイル、フローリングの目地も、壁際も、
ピンポイントにかき出せて気持ちがいい。

さらに地味に助かるのが、ほこりが溜まりがちな幅木も”ついでばき”できること。

 

f:id:mojamojayoriko:20160729165831j:plain

最新型の掃除機CMでは
毎回「こんなに細いすき間でも薄型ヘッドでラクラク吸い取れます!」と
声高にうたっているけれど、ほうきのしなやかな柔軟性には敵いません。

延長コードをふりまわす必要もなければ、
チリを吸い込まないように息を止めてサイクロン内のゴミを捨てる必要もない。
ガッツンガッツン部屋の角や家具にぶつけたりすることもない。(これはわたしが単に雑なだけかもしれない)

もちろん、”ほうき”でもはき残ししてしまうことはあります。

でもはき残してしまったゴミを見ても、
(わたしったら☆)と自分の非を認めてなぜか素直になれるのです。

無駄に道具を憎まなくて済むのは、
”ほうき”の奥ゆかしさがなせる技なのかもしれません。

 

f:id:mojamojayoriko:20160727161237j:plain

……。

放っておくと、たぶんこのまま一晩中”ほうき”の話ができる自信があるのですが、
2000円分の元はとっくに取れているということくらいは、伝わったでしょうか。

ここからはダイジェスト形式でお送りしますと

  • むかし「スーパーはぼき」というアイデア商品が大ヒットしたけど、
    あの時代から既存の掃除道具に比べて掃除機が使いにくいことに、
    うすうすみんな気づいてたってことでは?
  • せっかくの文明の利器を手放したくないばっかりに
    掃除機に足して何とかしちゃった。
    そっちじゃない、戻れ戻れ!みたいな。
  • クイックルワイパーも手軽さでは◯だが、
    あのゴミのアイスホッケー状態になるのが嫌。
    「ゴミを途中でこぼすかもしれないけどこのままゴールまで行くぞ!」
    という精神。

などなど。

(”ほうき”を買ってからというもの、使うたびにその便利さに感動し夫とともに掃除機ディスりで1日が始まるくらいなので、正直言うとこれくらいじゃ物足りない。)

f:id:mojamojayoriko:20160727161236j:plain

今までもうっすらと”ほうき”に憧れはあったのですが、
素敵なくらしを提唱するメディアの影響うけまくりで、
「リビングに置いててもサマになる、
伝統工芸もしくは老舗メーカーの上質な”ほうき”でないと!」と思っていました。

しかしそういうのは往々にしてお高いのが難点。

まぁだめならだめで、とためしに買ってみた、
ホームセンターの2000円ほどの昔ながらの”ほうき”。

リビングにかけておいても、これが意外とかわいいのです。

https://www.instagram.com/p/BIWcQGOAlwo/

しかも使い込んで、だめになったら燃えるゴミで出せる!
粗大ごみ料金などという出費がいらない!という、
かつては当たり前だったはずのエコなよろこびもうれしいポイント。

 

掃除ギライこそ”ほうき”──、

掃除における最適解は昔からでていたんですね。
たまには先人の教えもちゃんと聞くべきだな。

 

しかし同時期に購入した”ちりとり”のカーブが今ひとつ...。
次はいい”ちりとり”がほしい。

 

おまけの後日談

実母のところへ預けていたむすめを迎えに行った日のこと。

寝落ちしてしまったむすめのかたわらに、
なぜか真新しいほうきが添えられていました。

f:id:mojamojayoriko:20160727161238j:plain

聞くところによると、
「100均でなぜかほうきを買わされた」とのこと。

おもちゃでなくほうきであることや、
おばあちゃんにいいところを見せたかったんだな、など微笑ましく思うと同時に、
わたしが掃除ギライのままじゃこうはいかなかったかもしれない、
いい影響だなと思ったエピソードでした。

おなじといっしょジェネシス、みたいな感じの公式Twitterアカウントを開設しました

ブログ記事にするまでもない、ネタ帳がわりのアカウントとして、
公式ツイッターアカウントを開設しました。
ブログとは少し趣向を変えた、1分で読めるネタをお届けします。

いつも以上にゆるい着色料ゼロイラストで、
わが家のショートエピソードや家族あるあるネタを、
高頻度につぶやきたいな、毎日1ツイートが理想だなと思ってますので、
ブログと合わせてtwitterもフォローしていただけるとうれしうれしです。

 

アカウントはこちら↓

twitter.com

劣化版なんて言わせない!ちゃんと美味しい時短ごはん(1)「春巻き」

f:id:mojamojayoriko:20160621140209j:plain

「時短」「カンタン」好きですか?

ネットやテレビ・雑誌にあふれる、料理に関する時短ワザや時短レシピの数々。
私も大好きでよくチャレンジしてみるのですが、
手間を抜いた分、本家には劣る味だったり、まったくの別物だったり、
時には、逆に手間がかかっとるやん!と、がっかりな結果に終わることも。

(やはり、手順通りに・きちんと・丁寧に作るものには敵わないのか…。)

いいや、手間をかけなくともちゃんと美味しい、
なんなら本家より美味しくって、心満たされる──、そんな世界があるはず。

実際にわたしが調理・実食。
簡単だった、そいでもって美味しかった。

そんな実体験にもとづく情報だけを集めれば、そこはきっとブルーオーシャン!

「劣化版なんて言わせない!」シリーズ、始まります。

f:id:mojamojayoriko:20160622023849j:plain

第1弾は「春巻き」。

わたしの大好物なんですが、炒めて&冷やして&揚げて… と
何しろ工程が多いのが難点。

春巻きを食べたくて材料を買ったはいいが、
作る気力不足で(明日にしよ…)なんて事もよくあります。

そんな私がめぐり会い辿り着いた、時短なのにちゃんと美味しい「春巻き」の境地。

 

タネ明かしをしてしまうと、
実際の工程数としてはそんなに少なくなっていないのですが、
心理的な余裕が生まれるっていうのかな。うん…。

既視感のあるいつものこのパターンなんですが、
こんな感じのビックマウスでシリーズ乗り切ってこう!そう思ってます。

時短でもちゃんと美味い!春巻きのポイント紹介

材料については、一般的な春巻きと同じ。
ネットや書籍の人気レシピ、春巻きの皮のウラ面に書いてある材料を
参考にしてください。

作り方
  1. フライパンでサラダ油を熱し、肉、野菜などを炒めたら、調味料で味付け。

  2. アルミバット等冷めやすい容器などに 1.の具材を移します。
    ここで「時短ワザ その1〜助っ人〜」発動!
    子どもを”具材冷やし係”として動員。
    うちわを持たせて、その気にさせましょう。
    手伝ってくれてるという“事実”が、ママの心理的負担をいくばくか軽減。
    癒し効果でママのMPも回復!

    f:id:mojamojayoriko:20160621140205j:plain


    わが子が目に楽しい度 ★★★
    心理的負担の軽減度 ★☆☆

  3. 具材が冷めたら、春巻きの皮に包んでいきます。
    ここでも「時短ワザ その2〜洗い物へらし〜」発動!
    春巻きのパッケージの開ける際に、下図のようにぐるっとハサミで切ります。

    f:id:mojamojayoriko:20160621140206j:plain


    なんと即席の作業台が登場です。春巻きの皮も取り出しやすくなって一石二鳥!
    もちろん作業が終われば、ゴミ箱へポイ。
    作業台として使っていたまな板分の洗い物を減らすことができました!

    f:id:mojamojayoriko:20160622023850j:plain


    洗い物の軽減度 ★☆☆
    私うまいことやってるという悦に浸れる度 ★★★

  4. さて、もっとも億劫な揚げ物のお時間です。
    だけど揚げ油を用意するのはちょっと待った!「時短ワザ その3〜揚げないでヘルシー〜」発動!

    揚げ鍋&大量の油の代わりに用意するのは、オーブンとゴマ油大さじ2〜3。
    クッキングシートを敷いた天板に春巻きを並べたら、その表面にゴマ油をまんべんなくハケで塗ります。
    200℃に温めておいたオーブンで、きれいな焼き色がつくまで15分〜20分ほど焼いて完成!!!

    f:id:mojamojayoriko:20160622023851j:plain


    このオーブンを使った方法を以前耳にした時、
    (ふーん。でもなんかパサパサになりそう)とずっと軽視していたんですが、
    いざ試してみると「全然アリじゃん!」と大満足な仕上がり。
    揚げたものと比べても、まったく遜色なし。たぶん誰にもばれません。

    油の温度によっては、気泡ができたりしてしまう春巻きですが、
    この方法は、その心配もまったくなし。
    余分な油がないので時間が経ってもベットリなりにくく、
    唯一の懸念点といえば、軽い仕上がりなので、いつもよりたくさん食べられちゃうことくらい! 

    お片づけ軽減度 ★★★
    手抜きバレない度 ★★★

    そして、この方法でもうひとつ特筆すべきメリットが、
    揚げ物だとガス台に付きっきりになるところがオーブン任せでいいので、
    15分〜20分ほど時間に余裕が生まれるところ。
    もう一品作るもよし、洗い物をするもよし、SNSに興じるもよし。
    空いた時間はあなたのもの!!

 

わたしの偏見と大風呂敷で推していく「劣化版なんて言わせない!」シリーズ。

ペテン師!周回遅れ!コピペブログ!などのバッシングでへこたれない限り、
あと2回は続く予定です。 

道ばたの “よもぎ” を食べてみた騒動

むすめが園からの帰り道、
よもぎを両手にたくさん摘んで帰ってきてくれました。

ちいさな手で一生懸命摘んできてくれたよもぎ、
せっかくならば食べてみるチャレンジ!食育にも良さそう!

f:id:mojamojayoriko:20160512154529p:plain

そうと決まればネットで検索。

『よもぎの若葉はトリカブトに激似なので要注意。』

なにその、DEAD or TASTY(デッド・オア・テイスティー)…。
これはよくよく調べねば。

 

見分け方ポイント(1)『トリカブトは無臭だが、よもぎは独特の芳香が特徴』

あてにならない嗅覚をフル稼働でくんかくんか。
草むしりのときみたいな一般的な雑草のニオイがする。よもぎってこんなニオイだっけ…?

f:id:mojamojayoriko:20160512185557p:plain

※すこし脱線するのだけど、
わたしの嗅覚がどれほどまでにアテにならないかというエピソードをひとつ。
独身時代、夫はガスを止められてずっと風呂に入れなかった時期がありました。夫は自分の体臭を犬のようだと顔をしかめ、かたやわたしは「マンゴーのような濃厚で甘い香り」 と表現し、夫がその鈍さに逆に引いていた。

 

見分け方ポイント(2)『よもぎは葉の裏や茎に白い毛が生えている』

生えてる生えてる。これはクリア。

 

はっきりと自信が持てなかったので緊急家族会議を開き、
長である夫の意見を聞いてみることに。

夫は「俺はおとなりさんのカレールーの銘柄をニオイで当てることができるからな」と、判定士として立候補。
だが、その真偽は確かめようがないという胡散臭さだ。

そんな夫に例のよもぎを手渡す。神妙な面持ちで、ゆっくりと嗅ぐ夫。

力強いうなづき。OKのサインだ。

(注意:もよぎかどうか自信のない方は、山菜に詳しい人に見てもらってください)

 

OKも出たことですし、お手軽に市販の切り餅をつかって、
草餅にすることにしました。

1、アク抜きをしたよもぎは細かく刻んでおく。

2、お湯を沸騰させた鍋に切り餅を入れ、柔らかくなるまで弱中火で茹でる。

3、餅をボウルに移し、よもぎも入れてすりこぎでぺったんぺったん突く。

4、手に水を付けながら、餅を均等にわける。

5、きなこやあんこなどお好みで。

 

もし万が一の事態になった場合、
家族のうちの誰かひとりだけ残すわけにはいかないので、仲良く3等分。

うん、餅ってうまいよね。
よもぎが微量すぎたのか芳香はよく分からないけど。

f:id:mojamojayoriko:20160512154531p:plain

大丈夫、よね…?と食べた後になってネットで
「トリカブト 何時間」「トリカブト 致死量」などと調べてみる。

やばい、検索履歴がどう見ても“一家心中をねらった妻”。
だからといってやましくもないのに、履歴を消すのもなんだか不本意。

...。

気が付くと「そんなつもりじゃない」のに、
自分のすべての行動が「最初からそのつもりだった」へと流れ着いていて、
まるでサスペンスのような完璧なプロットが浮かび上がってきてびっくりです。
これは言い逃れできそうにない。

 

f:id:mojamojayoriko:20160512154830p:plain

いや、そもそもなぜそんな賭けに出たのか。
日常にロシアンルーレットいらんねん。
むすめの取ってきたよもぎ(のようなもの)くらい、不安なら捨てればよかった…。

そんな、ざわざわした眠れない夜を過ごし、24時間経ちましたが何事もなかった為、
この記事を無事ほんわか記事として公開します。

起きてピンピンしてた私達一家。

タダで手に入る食材やでぇ!と味をしめ、
次の休日に裏山までよもぎを摘みにいくことにしました。

裏山はよもぎの宝庫!柔らかそうなよもぎが群生していました。

早々に飽きはじめたむすめをよそに、
「これはなかなかの上物やで…!」などと言いながら無我夢中で収穫。
3時間ほど没頭した結果、帰る頃には、
遠くからでも柔らかそうな新芽のよもぎを発見できる
「よもぎ・サーチアイズ」を手に入れるまでに成長したのでした。

f:id:mojamojayoriko:20160512154532p:plain

 

しかし、あまりに真剣になりすぎて網膜に焼き付いてしまったのでしょうか。
その後2〜3日、よもぎにまったく関係のない家事の途中などに、
よもぎの新芽がフラッシュバックするという謎症状に悩まされたのでした。

f:id:mojamojayoriko:20160512154533p:plain

むすめのオリジナルソングと「タミさんのパン焼器」のこと。

楽天さんの「それ どこで買ったの?」への寄稿記事が公開されました。

srdk.rakuten.jp

これほどまでにひとめ見た瞬間、
とにかくほしくなる、BUY NOW!な調理器具は他にはありませんでした。

そして、このブログを見てくださってる方にはバレバレなんですが、
オチが前々回と一緒。追いつめられた一発芸人みたいなことになってます。

「それどこ」の他の有名ライターさんに囲まれて、
文字数も商品も手軽さとはかけ離れた感じになってますが、
応援してもらえると嬉しいです。

 

そして「それどこ」から辿っていただいた方、はじめまして。
あんな感じの長文レビュー記事が読みたいなーという場合は、
こちらもあわせてどうぞ。

mojamojayo.hatenablog.com


このところ寄稿つづきだったのですが、
あいかわらずわが家は通常運転ということをお伝えするべく、
わが家の日常を2本立てで。

むすめのオリジナルソング

f:id:mojamojayoriko:20160415133503p:plain

わりと真理ついてる。

5コマ育児漫画「だいぜんてい」

20160415133617

おとうさんとか一言も言ってないし。

なにか問題があれば即解決を!と思う彼女なりの正義感と、
他人のアラを探して怒られるのを見るのが大好き♡という野次馬根性が入り交じった、
なんとも言えぬイキイキした顔。

母として、妻としていろいろと改めないといけないなと思ったひとコマでした。

 

むすめもあともうすこしで5歳。
だんだんとわけわからんちんな事は言わなくなってすこし寂しいものの、
彼女なりの理屈や経験を活かした発言が毎日見逃せません。

 

 

魔の2歳児さんも、いらっしゃい! お寿司のテーマパーク「くら寿司」のこと

20160404051411

子どもが生まれると、とたんに難易度の高くなる外食。

ぐずる前に注文の品が出てくるか、それとも出てくる前にわが子がぐずるか。
シェフとわたしのタイムアタック…!そんなスリリングなバトル展開が当たり前。

試合終了を知らせる“泣き声”というゴングは、無慈悲にもすべてを無にする。
それは、もはや自然の猛威に近く、あらがうことなど不可。

追加のビールは泣く泣くキャンセル、お皿に残ったお料理を一気にかきこみ、
さっさと退店するのみ ──。

外食しても全然リフレッシュできない...というママの嘆きが、
今日もどこからか聞こえてきます。

そんな中、ちゃんと息抜き、ちゃんとごちそうを楽しむことができる、
そんなユートピアが身近にあることをご存知ですか?

そう、お寿司のテーマパーク「くら寿司」です。

お寿司にまつわるアトラクションの数々で、
ファミリーの息抜きを守ってくれる「くら寿司」。
わが家のエピソードを添えて、 tomoni(ともに)に寄稿しました。

続きはこちらからどうぞ!

※ちなみにこの記事書いてる間に、くら寿司に無性に行きたくなる禁断症状が起こり、
3回駆け込んでいます。

tomoni.epark.jp

 

LINE@ はじめました。

f:id:mojamojayoriko:20160331093721j:plain

更新を怠ってしまったばっかりに、生気を失ってしまったこのブログ。
どんどんと離れていってしまった読者の心。
(もうあの日々は取り戻せないというのか...! )
そんな焦燥感にかられて「おなじといっしょ」のLINE@をはじめてみました。

友だち登録してくださいます御方には、ブログ更新を中心に、
関連情報をお知らせする予定です。

LINE IDはこちら→ his8354z

QRコードもあるよ→ LINE Add Friend QR code



LINE自体が先月デビューしたところなので、お作法がよく分かっていません。
読んだ瞬間から発生する、既読スルーこわい。

 

いろいろ試しながら続けていければと思ってますので、
暖かくやさしくわたしのお母さんのように見守っていただけるとうれしいです。